スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

<< 高架線 | main | 告白 >>

無題

だって病気のひとが困るんでしょ

働く母く母(看護師)をやるのに疲れて、保育園の年長だった長男に、「おかあさん、お仕事やめようかな」と言ったときの長男の言葉。

いや、看護師の代わりはいるけどお母さんの代わりはおらんよ、と言おうとしたが言えなかった。

決して崇高な気持ちや奉仕の気持ちや愛にあふれて始めた仕事ではなく、ただただ生活のために働いていた自分が、ちょっとばかり恥ずかしくなった。

そのおかげかどうだか、今も働き続けている。

好きな言葉 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | 23:32 | - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback: