スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

<< 世界 | main | 高架線 >>

限界

Can you feel?
Can you feel that hybrid rainbow?

きっとまだ
限界なんてこんなもんじゃない
こんなんじゃない


  「ハイブリッドレインボウ」the pillows

虹


言わずと知れた、the pillows(ピロウズ)の名曲。
・・・のはずなのに、彼らのトリビュートアルバムでBUMP OF CHICKENがこの曲を唄ってからそちらのほうが有名になってしまったようで、うちの実家のカラオケ屋にはBUMPの曲として入っている。

なんでやねん!どんっ

そういうわたしもBUMPの曲聴きたさにこのトリビュート『シンクロナイズド・ロッカーズ』を聴いて、どうしてもオリジナルを聴きたくなりピロウズに行きついたから、あまりエラそうなことは言えないけど。

シンクロナイズドロッカーズ 

ピロウズのライブに行くと熱いファンがいっぱいいて超盛り上がるのに、世間的な認知度がなぜか低い。こうなりゃナナさん真似してピロウズの曲を広める草の根キャンペーンでも始めるか?

んで、その第一弾(笑)

BUMPが唄っていたこの曲は、しっとり感動的に聴かせる感じだったけど、オリジナルはさらっと、でも力強く秘められた決意が感じられる。

1997年にシングルとしてリリースされているから、バンドとしても苦しかった時期だと思う。さわおさんもどこかのインタビューで、「ストレンジカメレオンのころドン底だった」と言われていたから、ちょうどそのあとくらい。


そう思って曲を聴くと、ピロウズの曲は作り事じゃないんだと思える曲がいっぱい。

最後のフレーズは何度聴いても胸に迫ってくる。


  Can you feel?
  Can you feel that hybrid rainbow?
  ここは途中なんだって信じたい

  I Can feel.
  I Can feel that hybrid rainbow.
  昨日まで選ばれなかった僕らでも
  明日を持ってる



愛しい音楽 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | 10:47 | - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback: